へっぶしんです。

 本日2本目ですが、お出かけの時間が迫っています。そのため、先ほどの1本目を軽くリライトするレベルにとどめます^^;

 仕事でもないのに、時間に追い立てられています。


 前回に引き続き、去年読破した文庫本43巻立てのローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず 上 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]の著者の塩野七生さんのマキャベリに関する小説の2巻・3巻を読みました。

 やはり、小説は面白いですね。次は、塩野氏の随筆(『男たちへ』)を読み始めています。日曜日にアップできればいいなと思います。




 著者は塩野七生氏です。

 学習院大学文学部哲学科を卒業後にイタリアに遊学され、多数の著書を書かれています。全巻読破したいくらいなのですが、多すぎます^^;

 主な著書に
ルネサンスの女たち (新潮文庫) [ 塩野 七生 ]

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫) [ 塩野 七生 ]

海の都の物語(1) ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]

ローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず 上 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]

など多数あります。

[概要]
 第3巻ですが、「マキアヴェッリは、なにを考えたか」というテーマで、君主論が書かれている現場の実況中継のような物語です。フィレンツェの政府を追われ無職になったマキャベリが、著作をしていく過程が生き生きと描かれています。

 3回目ですが、巻末の解説は、佐藤優氏が書かれています。国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫) [ 佐藤優 ]の宣伝か?と思えるくらいに、佐藤氏とマキャベリの共通点を上げて、マキャベリに共感できる理由を挙げられているのが、いろいろな意味で面白かったです。


 情熱をもって取り組んでいた官僚としての仕事を、メディチ家のフィレンツェ復帰に伴い失職したマキャベリですが、復職すべく仕官運動の一環として書き上げたの君主論です。その後、フィレンツェ政府から小間使いのような仕事をしたり、ローマ法王から依頼されて『フィレンツェ史』を書いたりと、人間マキャベリの晩年が生き生きと描かれています。

 また、友人と国際政治の情勢から身の回りのことまで書いた、往復書簡の紹介などもあり、偉大な政治思想家とは思えないほどの人間味あふれる物語に、まるで当時のフィレンツェにいるかのような錯覚に陥ります。


  3巻目はいよいよ、政治思想の大著である『君主論』が書かれる物語です。


 失業して無職になり、郊外に引っ越して、自らの境遇を友人に書き綴った往復書簡から、仕官運動のために書き上げた『君主論』、オリチェラーリの園の弟子たちに捧げる『政略論』、メディチ家出身のローマ方法に依頼されてまとめた『フィレンツェ史』など、大著が書かれていく過程を暖かな視線で、まるで母親が息子を見守るかのような筆致で、物語られています。


 この楽しい物語を、是非、皆様と共有したいです。



 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。