へっぶしんです。

 最近は中学受験と格差社会というテーマからずれまくっていますが、新たに・密かに加わってきた脳科学についての本です。最近はやたらめったらに発達障害という言葉が独り歩きして、何でもかんでも発達障害に結びつけてしまう風潮があるような気がします。大袈裟ですかね^^;


 今回も、前回同様に、脳は回復する 高次脳機能障害からの脱出 (新潮新書) [ 鈴木 大介 ]での参考文献に上がっていた本で読みやすそう打と思い購入した本です。私の過去記事はこちら

 マンガということで、読みやすいだろうなと思い買ったのですが、とても字が多いです。それと、医療・教育・介護についている専門家向けに書かれているので、予備知識なしに読むには努力が必要です。

 そのため、読むのにかなり時間がかかってしまいました。ただしタイトルにも書いたように、自分の家族や自分自身を、「何でもかんでも発達障害に結びつける」のはよくないので、そのためには正確な知識を身に着ける必要があります。もし、身近に発達障害ではないかと疑うような人がいるのであれば、まずは自分で正確な知識を身に着ける必要があるのではないでしょうか。

 そういう意味では、脳の構造と実際に出てくる障害の見方と対処がコンパクトにまとまっているという言い方もできる一冊です。医療・教育・介護に従事されている専門家の方でなくとも、時間をかけて読めば何とかなりますので、発達障害なのではという不安のある方には、じっくりと読んでほしいです。




 著者の粳間剛氏は、医師・医学博士の方です。精神科医で、主に高次脳機能障害・発達障害・認知症の専門外来をされているようです。

 長年、脳画像を一日中見られていたそうです。お医者さんって、変わっていますね。子の方だけかもしれませんが。



 さて本書は、「邪道な」とタイトルにあるように、オーソドックスな診断方法をとらずに、発達障害でも認知症でも外傷性の脳疾患でも、起きている症状から逆算して治療をしましょう。というような内容がメインになっています。

 そのために、脳について専門知識がない人向けに(もちろん私も入ります)、脳の構造の説明が分かりやすく書かれています。久しぶりに高校の生物の授業を受けたような感覚になりました。脳の内側から外側へと、進化していくというところなど、懐かしいなぁと思いながら読みました。

 ところどころで、脳疾患を患っている人向けの支援方法が、そのまま一般社会で過ごすうえでも通用する方法になっていそうに感じました。第6回の問題行動への支援の方法(発達障害児にたいして)で、ポジティブな行動支援というところは、日常でも会社でも、そのまま使えそうです。

 褒める、叱るの有効性について書かれている箇所で、発達障害児は「きちんと座っていなさい」という指示が理解できないのだそうです。子育て論でもよく書かれていますが、「ちゃんとしなさい。いい子にしなさい」という指示は、普通の幼児でも理解できないようですね。

 そこで、立ち歩いた発達障害児を叱っても、叱った人がいなくなると結局問題行動を起こすとのことです。逆に、黙って座れているときに褒めると、黙って座ることができるようになるようです。

 私も子どもを持つ親なので、子どもが小さかった頃のことを思い出すと、1回や2回でできるようになるとは思えませんが、繰り返し繰り返し、できたことを具体的に褒めることは、叱るよりも効果があることは体験的に理解しています。私自身は、ダメ親・毒親です。たとえば、子どもをほとんど褒めたことがなく、子どもが低学年の時は「パパは私が頑張っても全然褒めてくれない」と、妻に訴えていたそうです。

 それはさておき、普通のことができているときに褒めるということは、普段の生活・仕事の中でも大切なことではないでしょうか。家事をしてくれている妻に対して、当たり前だから褒めようがないとか、ウチの子は褒めるところがないとか、よく聞きますよね。私は当然に、そう思っています。しかし、相手が気持ちよく当たり前のことをするには、当たり前のことを具体的に褒めることで、モチベーションを上げることにつながるのではないでしょうか。

 このように普段の生活で、試してみたくなるような支援方法がいくつか書かれています。専門家以外の方でも、参考になることが満載です。



 身近な方に対して、もしかしたら発達障害なのでは?という思いを持った方には、ぜひ一度、本書を手に取っていただきたいです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。