へっぶしんです。

 相変わらず格差社会と中学受験(教育関係)をキーワードに本を読み続けています。

  今回は、テーマから若干ずれてしまっていますが、以前に読んだ





 で、阿部彩氏の対談相手になっていて、貧困問題において精力的に最貧困層に陥ってしまっている若者たちを取材されていた鈴木大介氏の著書を読みました。

 『貧困を救えない国』の中で、鈴木氏が繰り返し話されていた最貧困層に陥ってしまった女性の精神科への通院歴の高さと高次脳障害の関連性に興味を持ちました。そして、鈴木氏自身が脳梗塞を患い、高次脳機能障害に陥ってから、仕事に復帰できるまでに回復した過程について書かれている本書を手にすることにしました。


 若干、迂遠なのですが、格差社会⇒最貧困層⇒高次機能障害という、論理性の薄い関連性ですが、脳科学・高次脳機能障害も読書のテーマに加わってしまいそうです^^;




 著者は、最貧困層の若者への取材を通したルポを中心に書かれている鈴木大介氏です。


 著書には、『最貧困女子』『脳が壊れた』などがあります。


 著者の脳梗塞による高次脳機能障害の経験と多くの最貧困層に陥ってしまっている若者への取材経験から、貧困層の若者と高次脳機能障害を持つ人間の生きづらさに気づいたこと、高次脳機能障害の治療法への提言などが書かれています。

 おそらく、認知症の介護をされている方や、社会を逸脱している若者、社会不適応で職にうまくつけていない人、不登校の子どもを抱える家庭、勉強しているのに極端に成績が悪い子どもの保護者などの方々の参考になることが多く含まれているように思います。

 そのような悩みを抱えている方がたへの示唆に富んだ内容になっています。一度、本書を手に取られてはいかがでしょうか。


 〔目次〕

 序章  脳コワさんになった僕
 第一章 号泣とパニックの日々
 第二章 僕ではなくなった僕が、やれなくなったこと
 第三章 夜泣き、口パク、イライラの日々
 第四章 「話せない」日々
 第五章 「受容」と、「受容しないこと」のリスク
 第六章 「脳コワさん」伴走者ガイド
 あとがき



 どうも私の読書は、著者のもっと伝えたいことからわき道にそれて、自分の興味のあることに理解を集中させる癖があるようです。本書では、著者自らが経験した高次脳機能障害の辛さと、その回復の過程を書くことにより、同様の苦しみを味わっている人をいかに救うかの行政への提言や、医療関係者への提言が主たるテーマになっています。


 そのなかで、私が興味を持ったのが第四章の「話せない」日々です。自分の思いが伝えられない、交渉事ができない。免許更新の窓口で、自分の状況をうまく説明できない苦しさが書かれています。私のずれた興味は、この中の交渉ごとについての箇所に集約されていきます。


 私自身は、特に問題を起こすことなく学校を卒業して、普通に会社勤めを続けています。しかし、高次脳機能障害とまでは行きませんが、こと仕事に関する交渉事が極端にダメなのです。高次脳機能障害の苦しさの中で、反論できないというところがありました。私自身も、反論をすることが極度に苦手です。言おうと思えば言えるのですが、おそらく私が相手の意見に反論してしまうと、相手との人間関係が終わります。


 つまりは、キレてしまうのです。そこで、どういえば相手の気分を害すことなく、相手に反論をしながら自分の意見を伝えられるかを考えているうちに、相手に畳みかけられて、交渉が決裂してしまうのです。著者は、この部分を感情の脱抑制と表現しています。これに関して、私の感情の制御能力は、一般の人に大きく劣るのではないかと日々の仕事の中で感じているのです。





 上記の内容について、著者は言語聴覚士から聞いた専門用語では、「問題解決的会話の困難」という症状のようで、「食い下がって説明する」ことと表現しています。さらに、「訪問販売に拒否の意思が伝えられず」と書いていますが、私もできません。。。インターホン越しに断ることが精一杯です。おそらく、高次脳機能障害になると、それすらもできないのでしょうが。あとは、営業電話も一般生活ではできません。会社では、「営業の電話ですか?」と聞いて、「では、本社におかけください」と言って切ることができますが、プライベートではできない場合があります。また、「本社の電話番号を聞かれる」と、本社の代表番号を調べて教えてあげてしまいます。これは、「自分でお調べください」と突き返すもののようですが、このようなQ&Aが頭に入っていないとできないのです。つまりは、マニュアル的に拒否の意思表示の仕方が分かっているものに関しては拒否できるのですが、突発的に拒否の意思表示をせまられた場合には、ほとんど拒否できません^^;


 著者の「問題解決的会話」の方法は、
  「まず第一に、相手の観察だ。相手の口調や態度、それまでの言動を観察し、相手がどんな意見を持っているのかを推察する。そのうえで、その相手にどんなトーン、どんな言葉の選択、どんな内容の切り口で説得を開始すればいいのかをいくつかの候補の中から選択し、いざ発話。」
 とのことです。


 私、この中で「いくつかの候補の中から選択」が全くできません。ほとんど、単線的な反応になってしまいます。だから、その前のどんな切り口でということに考えがまったく及びません。さらに著者は、これがうまくいかなくても、「再アプローチ」をするために「相手にパラダイムシフトを起こさせるようないい切り口やたとえ話はないのかと」考えるようですが、普通に会話をしているスピードの中で、このようなことを考える余裕は、私にはありません。


 これを読んでしまうと、私はコミュ障なのか?と思ってしまいます。


 と、全く本文のテーマとかけ離れたことを考えながら読んでしまいました。


 この辺りについては、さらに本書で紹介されている参考文献を読み進めていきたいです。読書のテーマがずれていき、脳科学や発達障害が加わってきそうですね^^; 



 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。