へっぶしんです。

 昨日アイネット証券のループイフダンで約定した決済です。

No約定日時通貨ペア約定レート売買損益スワップ決済損益
12018/10/10 23:03EUR/JPY130.024000400
22018/10/10 20:20GBP/JPY149.1675008508
32018/10/10 0:51GBP/JPY148.6675004504
合計   1400121412

 GBPは、相も変わらずほとんど動かずに、不気味に保ち合っています。そして、昨日までEURの日足チャートを確認していないという、あり得ないミスを犯し、明確に下落トレンドに入っていることに、1週間くらい気づいていませんでした。

 結果的には、売りの設定をいいタイミングで入れられたことになります。こんなことは、ただの結果論なので、「よかったね♪」で済ませればいいだけです。それよりも、設定を追加したにも関わらず、EURの日足チャートを見見ていなかったのが大問題です。投資をしている以上、チャートを見ないという行為は、目をつぶって自動車を運転するようなものです。チャートだけはしつこく見ていかなければなりません。ただし、あまりにも多くの時間軸のチャートを見ていると、仕事や家族との関係に支障が出るので、時間があるときに日足チャートを見るくらいで大丈夫です。スキャルピングやデイトレードをやっているわけではないので。

 大ポカをやったついでなので、重要確認事項である設定について、もう一度確認します。
 投資をする上では最重要事項なので、ループイフダンの設定を確認します。
 GBPは買い設定で2本、B50とB100を1000通貨ずつ。
 EURは売り設定で1本、S40を1000通貨ずつ。

 B50の「B」は買いの設定で、「50」は「50銭刻みでの売買」という意味です。
 S40の「S」は売りの設定で、「40」は「40銭刻みでの売買」という意味です。

 「50銭刻みでの売買」とは、買いの場合は、50銭下がったら買い、買ったところから50銭上がったら利益確定の決済をする。ということです。

 証拠金さえ維持できれば、上記の自動売買で永遠に利益を積み重ねていきます。

 ですから、ループイフダンで利益を上げていくためには、短期的な利益を追求するのではなく、自己資金に合わせて無理のない設定をして、長いスパン(私の場合は10年)で利益を上げられることを考えていく必要があります。1か月・1年ですぐに結果を出そうとすると、資金に対して無理な設定になり、トレンドを見誤ると証拠金不足で強制ロスカットになるという大損害を被ることになります。

 投資をしている以上、「絶対安全」や「必ずもうかる」ということはあり得ません。アイネット証券のループイフダンは、上記に説明した通り、機械的に相場の上げ下げで注文・決済を繰り返すので、感情が張り込む余地はありません。

 冷静に資金に応じた設定をしていれば、利益を上げ続けられる確率が高いです。

 くれぐれも、自己の責任において、自己の判断で投資をして、お金に困らない生活を手に入れましょう。これが、いい年になった私の目標でもあります。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。