へっぶしんのニュースや日記です。

 なんとも痛ましい事態がやってきてしまった。産経は隠蔽するかなと思ったのだが、いちおうWeb版に載っていたのでメモです。

甲状腺機能、10人が変化 福島の子供 信州大病院調査(10月4日付・産経)

 長野県松本市の認定NPO法人「日本チェルノブイリ連帯基金」と信州大病院が福島県内の子供130人を対象に実施した健康調査で、甲状腺ホルモンが基準値を下回るなど10人の甲状腺機能に変化がみられたことが4日、同NPOへの取材で分かった。

 同NPOによると、福島第1原発事故との関連ははっきりしない。

 健康調査は7月末から8月末にかけて実施。原発事故で福島県から避難し、長野県茅野市に短期滞在していた当時0歳から16歳の子供が医師の問診と、血液、尿の検査を受けた。

 甲状腺は成長に関する甲状腺ホルモンなどを分泌。子供は大人よりも放射性ヨウ素が集まりやすく、蓄積すると甲状腺機能低下症や甲状腺がんになる可能性が高まる。

 私は専門家ではないので、放射能の人体被害についてはあまり知らない。しかし、甲状腺機能に障害が出るということは何度か報道で目にした。しかも子供の甲状腺のガンの危険性が高いことも何度となく聞いた。放射能が漏れ続け、汚染の実態は正しく報道されているのか。健康調査はしっかりと行われているのか。今回の報道では、NPOが主催している健康診断での結果である。これは本来、国が責任をもって健康調査を行い、原発の人災被害の対策をしっかりとすべきことではないのか。国の調査でこういったことが出てこないと、現在の国の情報の開示や放射能汚染対策について疑問に思わざるをえない。また、NPOの組織では限界があるが、このような草の根的な活動を今後もぜひとも地道に行っていただきたいものである。

 私自身、この報道には気持ちが暗くなりましたが、問題意識を共有していただける方、こちらをクリックしてください。