へっぶしんのニュースや日記です。

 久々に更新しますが、大学時代のゼミで取り扱った本を紹介します。久しぶりの眠りからさめたその本は、埃をかぶっていたのは言うまでもありません。そして開いてみてびっくりしました。なんと、赤いペンで、線を引いてあるではないですか。

 「俺も、少しは勉強したんだな〜。」

 と思っていたら、線を引いてあるのは、約300ページの本の最初の100ページにも及びませんでした。

 「俺って何も変わってないな。」

 と、安心しました。

 久々にページをめくってみて、思っていたよりも難しくなくて、もう一回読んでみようという気になりました。(前半部分だけがもう一回で、後半部分はおそらくはじめて読むことになります。)

 本の内容としては、「民主主義って何?」ということがテーマになっています。「民主主義の定義を言ってください。」、といわれたら、明確に答えられない方が、殆どではないでしょうか。私もその一人ですが、そもそも学問として、民主主義の定義というものはあるのでしょうか?

 国民主権とも違う、基本的な人権の尊重とも違う、法の下の平等でもない。では、民主主義とは。。。その回答が、この本で見つかるのかを楽しみに読み進めて見ます。書評を書く能力がないので、紹介のみ致します。ここまででおもしろそうだと思った方は、ご自分で読んでみて下さい。できればその書評を私が読んでみたいです。。。

ラディカル・デモクラシー―可能性の政治学
第1章 ラディカルデモクラシー
第2章 民主主義に反する開発・発展
第3章 機械の反民主主義
第4章 民主主義の傷だらけの伝統
第5章 民主主義の徳
結論 ペルセポネーの帰還

そもそも民主主義って何でしょうか。。。

すきやすきや
大新聞不読
STOP_KOIZUMI4
NO_CHANGE_9