へっぶしんのニュースや日記です。

現在の新憲法制定を支持する論調で、「(GHQに)押し付けられた憲法だから自分達で新しく憲法をつくる」という主張があります。

なんと悲しい主張でしょうか。。。

涙が出るほど悲しい主張だと思うのですが、結構まじめな顔をして言う人が多いです。

私が悲しいと思う理由その1

「押し付けられた憲法」論を掲げると、「押し付けられた憲法」を60年もの年月をかけて後生大事にしてきたという、自己の独立心の不足、他者支配への従順性(極言すれば奴隷根性)を肯定することになる。

押し付けられたもの(憲法)を60年も変えずに、自分の手で作り直そうとしなかったのなら、日本人のおろかさを証明することに他ならない。

したがって、自虐的主張になるのである。

太平洋戦争後に制定された現憲法は、GHQの意向があったのは確かだが、あくまでも日本人の手で日本人の憲法として作成されたものである。

だから、60年もの年月にわたり変更する必要性も無く未だ輝きつづけているのである。

私が悲しいと思う理由その2

「押し付けられた憲法」を支持する方たち(これは殆どが改憲論者に入ると思っている)は、9条が日本人(しかも幣原首相)によって持ち込まれたという事実を見ていない。

GHQの意向には9条のような徹底した平和条項は入っていなかったのである。

したがって現行の日本国憲法9条は、GHQの意向とはまったく関係が無く、日本人が自主的に盛り込んだ条項である。

この条項を新憲法案(無血革命案?、クーデター案?)により変更することは、GHQの意向と日本人自らの意志との調整によって出来上がった憲法の日本人自らの意志の部分を放棄することになる。

「押し付けられた憲法」だから新しい憲法を作成すると主張するのはかまわないが、過去に勝ち取った成果っである現行憲法9条の平和主義の理念を放棄するのは、自己否定に他ならないのである。

以上の2点から見えてくるのは、自らの手で自らの憲法を作成するという主張の裏に、あまりにも理不尽な自虐、自己否定が見えてくるのである。

表向きのみよさそうに見えるプロパガンダだが、裏を返せば恐ろしいものである。

 

人気ブログランキングに参加しています。

クリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ