ブログネタ
どうなる年金改革 に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

わかりづらい年金ですが、

・厚生年金と共済年金の一元化

・年金の一元化

の違いです。

厚生年金と共済年金は、国民年金(基礎年金)の上にたつ年金です。

国民皆年金といわれているのは、国民年金の基礎部分です。

これに、厚生年金、共済年金が乗っかります。

つまり、

1.公務員の年金(国民年金+共済年金)

2.サラリーマンの年金(国民年金+厚生年金)

3.それ以外の年金(国民年金)

となります。

自民党の厚生年金と共済年金の一元化は、「1+2」を合体させます。

民主党の年金の一元化は、「1+2+3」を合体させます。

違いは、

自民党の改正では、二階建て構造が残ります

民主党の改正では、二階建て構造はなくなります

したがって、

自民党は、段階的な改革

民主党は、根本的な改革

ということになります?

方法としてどちらがよいのでしょうか?

へっぶしんにはわかりません。

自民党案→スピードが遅い(ということは改革が時間的に追いつかなくなる危険性)

民主党案→スピーディ(理想的な要素が強い)

といった感じでしょうか?

こういったことは、議会制民主主義なので、議論をして結論が出ればいいのではないでしょうか?(議論に時間がかかりすぎると年金破綻がよりスピーディになりますが。。。)

 

年金について感心のある方はクリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ