先週のヒマなときに衝動買いしたドラゴン桜9冊。

週末ですべて読んでしまいました。

私にはいまさら関係ない大学受験の話ですが、読んでいると自分でも東大にいけそうな気がしてきました!!!

 

今の自分になんら関係ない話ですが・・・

 

なぜ東大なのか?

今の社会で、東大を出れば間違いなく人生の出世のレールに乗れるのか?

 

このような疑問を見事にストレートに投げつけています。

もちろん、いろいろな人の人生で、東大を出ている、出ていないが全てではありません。

が、高い目標を持ち、常に挑戦している姿勢を持ち続け、努力しつづけることは人生において大変重要なことです。

 

東大を象徴として、挑戦し続ける大切さについて書かれていると思えば、学歴アレルギーの方でも読めるのではないでしょうか。

 

学歴が必要なのではなく、エリートになることが重要なのでもありません。

常に目標を持ち、目標に向かって努力していくことが大事なのです。

 

何の目的ももたず、ただ漫然と日々を過ごしていた高校生が、東大という高い目標を持ち、悩みつつも目標の達成に向かって努力していく姿は大変面白かったです。

 

ただ、ここで大事なのは、努力というのはただ単に苦しいものではありません。

 

楽しく努力する必要があります。

勉強が嫌いな人が、嫌いなままただ闇雲に勉強しても無駄な努力に終わるでしょう。

楽しく勉強をするための工夫が必要です。

 

そこまで踏み込んだ内容になっているところに、単なる漫画ではなく、ホリエモンや京大の教授、教育評論家などの著名人の高い評価を得ている所以ではないでしょうか?

 

皆さんも読んでみてください。

 


ドラゴン桜 (1)

「ランキング○位です」とか言ってみたいので、へっぶしんのニュースや日記にクリックをお願いします。

               ↓

人気blogランキングへ