へっぶしんのニュースや日記

格差社会に疑問を感じながら日々を過ごしています。 まともに働いても給料が減り続けるので、副業で投資をして資産を築こうと株と投資信託、FXをしています。 趣味の読書とアイネット証券のループイフダンの日々の成績について書いていきます。

〜19世紀のロシア貴族の生活に思いをはせる〜 『アンナ・カレーニナ』(トルストイ、木村浩訳)を読んで



 へっぶしんです。

 なかなか仕事が落ち着かないのと、文豪の名著を相手にしていたので、なかなか更新ができませんでした^^;

 19世紀のロシアの言わずと知れた文豪のトルストイの名作です。日本では幕末から明治の初期にあたる年代を生き、ロシア革命直前に没したトルストイが見ていた貴族の生活が、まるで目の前で展開されているかのように感じました。 

 古典的な名著は味わい深いですね。




 著者は、トルストイです。

 19世紀ロシア文学を代表する巨匠。ヤースナヤ・ポリャーナに地主貴族の四男として育つ。

 ルソーを耽読し大学を中退後、暫く放蕩するが、従軍を機に処女作『幼年時代 (岩波文庫) [ レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ ]』等を発表、賞賛を受ける。

 帰還後、領地の農民の教育事業に情熱を注ぎ、1862年の幸福な結婚を機に『戦争と平和(全6冊セット) (岩波文庫) [ レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ ]』『アンナ・カレーニナ(上巻)改版 (新潮文庫) [ レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ ]』を次々に完成。

 後、転機を迎え、「神と人類に奉仕する」求道者を標榜し、私有財産を否定、夫人との不和に陥る。

 '99年『復活(上) (岩波文庫) [ レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ ]』を完成。1910年、家での10日後、鉄道の駅長官舎で波乱の生涯を閉じた。




 19世紀のロシアを舞台に、黄昏時の貴族の世界が書かれています。テーマは、生と死、愛と嫉妬、友情などの人生における人間関係で起こりうることを、様々なストーリーで描写しており、緻密な構成で読者を飽きさせない名作です。

 文庫本なのに、3冊合わせて2400ページくらいあり、読みごたえが抜群にありました。

 主役のアンナの兄のオブロンスキーが、浮気がもとで離婚の危機に直面している場面から始まりました。愛を何とか取り繕い切った兄に対して、妹のアンナは愛に殉じます。

 19世紀の貴族の結婚観が生き生きと描かれています。アンナは20歳年上の夫と結婚し、良い妻を演じ続けますが、ヴロンスキーと出会ってしまいます。ヴロンスキーと新の愛に目覚めてしまったアンナは、夫であるカレーニンと暮らしていくことはできなくなります。この辺りのアンナの心境を、男の私が推し測ることはできません。しかし理性では、倫理的には、問題のある不倫ですが、その禁断の恋の渦中にあるアンナの心境が緻密に描写されています。

 また、アンナの親友で、ストーリー最初で夫オブロンスキーに浮気されてしまったドリイ婦人は、アンナの禁断の恋、禁断の生活を客観的かつ冷静に見つめます。夫との愛は冷めてしまい、5人の子どもに囲まれて、自らのことは後回しにして家庭を切り盛りする生活に疲れたときに、アンナに会いに行きます。しかし、アンナとヴロンスキーの生活を目の当たりにして、いてもたってもいられなくなり、家庭に戻ります。家族の温かさを知るものと、恋に生きていても家族のぬくもりを実感できないアンナとの対比は、深く考えさせられました。理想の女のアンナと、一般的な主婦のドリイですが、この2人が互いに理解し合う親友だという設定も興味深いです。

 そして、トルストイが自らを重ねていたという田舎貴族の理想主義者のリョービンは、ドリイの妹のキチィと、紆余曲折は経たものの理想的な結婚をします。しかし、その生活はあまりに現実的でした。理想と現実の間に葛藤を重ねながら、自らの領地の農事経営に没頭して、一家の長としての務めを果たしていく姿に、地味に感動しました。

 リョービンの生活の中でも、あまり馬の合わない新進気鋭の学者である兄コズヌイシェフとのなんとなくうまくいかない距離感と、心ではつながっているが、放蕩のはてに病死する兄ニコライの対照的な人生という対比も考えさせられました。

 複線的なストーリーと緻密な構成が、素晴らしかったです。さすがは、古典的名著です。


 格差社会の話や中学受験の話ばかりで、小説を読んでなかったなと思い、ここ2,3か月は小説が増えています。人間とは何なのかを、物語を通して考えていますが、貴族についての考え方が若干変わったように思います。


 領地の民とともに地に足をつけて生活する貴族もいれば、19世紀のロシアでは、モスクワ・ペテルブルグで豪華な生活をしている貴族もいる。立派な人間もいれば、堕落した人間もいる。様々な貴族がおり、ひとくくりにしてはいけないのだと、今更ながらに気づきました。


 また、生涯勉強を続けなければならないなと、小説を読んで改めて思いました。特に現代の技術の進歩から背を向けてはならないなと。ただ、何でもかんでも新しいものが優れていて、古いものは淘汰される運命にあるわけではなく、新しさと引き換えにして、大切なものを失い続けているかもしれません。特に現代の核家族化による家族の結びつきの弱まりには気を付けなければいけないと、危機を感じました。


 私はサービス業という仕事の性質上、ここのところほとんど友人づきあいができていません。家族とは、なんとか週2回の休日にまとまった会話ができるくらいです。近くに住んでいるにもかかわらず、実家には月に1回か2回しか顔を出しません。


 アンナ・カレーニナでの貴族の交友の仕方を見ていると、現代では失われてしまいつつある濃厚な人間関係の大切さに改めて気づきました。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。



〜決済なし、GBPは若干の戻し〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190410の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 昨日の決済は、「決済なし」でした。

 今年の累計損益は、「-769,351円」です。





 現在のアイネット証券のループイフダンは、設定なしです。

 ポジションは現時点で、
 USD 1-0 (1000通貨で10本の売りポジション)
 GBP 3-0 (設定なし)
 です。
4月10日の日足のまとめ








アイネット証券のループイフダンで作成

 GBPの日足チャートは、相変わらずの三角の保ち合いが続いています。そろそろサポートラインが近づいているので、件名にも書いたように若干の戻りがありそうです。

 ただし、イギリスのEU離脱にかかるブレグジット問題のニュースで、流れが簡単に一変する危険性があります。

 まだまだ予断を許さない状況ですので、GBPは静観します。

 設定なしに耐え切れずに、USDの売り設定を入れました。2、3日で止める予定です。

 どうしても、設定を入れたくて仕方ないのですが、GBPに関してはここは我慢だと思っています。

 GBPの次の上値抵抗線は148.604円あたりにありそうです。
         さらに上げるようであれば、149.301円あたりが次のめどです。
         下値支持線は144.297あたりにありそうです。
           その次は、143.774円あたりがサポートラインになりそうです。
         さらに下げるようであれば140.889円あたりがめどになりそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜決済なし、GBPはサポートライン付近まで下落〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190409の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 昨日の決済は、「決済なし」でした。

 今年の累計損益は、「-769,351円」です。





 現在のアイネット証券のループイフダンは、設定なしです。

 ポジションは現時点で、
 GBP 3-0
 (1000通貨で10本の売りポジション)
 です。
4月9日の日足のまとめ








アイネット証券のループイフダンで作成

 GBPの日足チャートは、三角の保ち合いが続いています。株式市場は、IMFの世界市場の見通しが悪くなったことで下げています。FXのマーケットは若干の下げで、大きな反応にはなっていません。GBPの三角保ち合いが、上にブレイクするのか、下にブレイクするのか、どちらにしてもトレンドが出れば設定を入れます。

 ただし毎日書いていますが、イギリスのEU離脱にかかるブレグジット問題でマーケットが一喜一憂して、GBPらしからぬボラティリティの低さと、トレンドの出ないぎこちない動きが続いています。

 政治問題が決着する6月までは、あまり動かないほうが良いと考えています。

 どうしても、設定を入れたくて仕方ないのですが、GBPに関してはここは我慢だと思っています。

 GBPの次の上値抵抗線は148.604円あたりにありそうです。
         さらに上げるようであれば、149.301円あたりが次のめどです。
         下値支持線は144.297あたりにありそうです。
           その次は、143.774円あたりがサポートラインになりそうです。
         さらに下げるようであれば140.889円あたりがめどになりそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜決済なし、GBPは三角保ち合い〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190408の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 昨日の決済は、「決済なし」でした。

 今年の累計損益は、「-769,351円」です。





 現在のアイネット証券のループイフダンは、設定なしです。

 ポジションは現時点で、
 GBP 3-0
 (1000通貨で10本の売りポジション)
 です。

4月8日の日足のまとめ







アイネット証券のループイフダンで作成

 GBPの日足チャートは、三角の保ち合いになっており、4月の下旬に大きな動きがありそうなチャートになっています。比較的トレンドが出やすい通貨のはずですが、やはりイギリスのEU離脱をめぐるブレグジットの問題をしり目に、様子見が続いているようです。下値は144.200円辺りにあり、上値が切り下げられている状況です。三角保ち合いを抜けると、大きなトレンドが出そうです。

 ただし、ブレグジットの期限の6月まではトレンドが出ても、大きく逆行したりする危険性もあり、波乱含みの相場になることが予想されるので、まだまだ静観します。

 ほかの通貨で、トレンドが出るものがあれば、設定を入れるかもしれません。今ウォッチしているのは、USD、EUR、AUD、USD/EURです。どの通貨も、逆スワップポイントで設定を入れた方がよさそうな位置、トレンドにあり、設定を入れるに至っていません。できる限り、ボラティリティの高いGBPで行きたいです。

 どうしても、設定を入れたくて仕方ないのですが、GBPに関してはここは我慢だと思っています。

 GBPの次の上値抵抗線は148.604円あたりにありそうです。
         さらに上げるようであれば、149.301円あたりが次のめどです。
         下値支持線は144.297あたりにありそうです。
           その次は、143.774円あたりがサポートラインになりそうです。
         さらに下げるようであれば140.889円あたりがめどになりそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜決済なし、GBPは週初から上げるも金曜日に反落〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190401〜0401の一週間のまとめ


 へっぶしんです。

 イギリスのEU離脱にかかわる問題であるブレグジットのニュースで、マーケットが一喜一憂して、不自然なレンジ相場が続いています。

 さて、今週の一週間分のアイネット証券のループイフダンの決済です。

 「決済なし」です。

 今年の損益は、「-769,351円」です。



 現在は、設定を止めています。

 ポジションは、
  3-0
 です。(1000通貨の売りポジションが6本)

4月5日の日足のまとめ








アイネット証券のループイフダンで作成

 先週は、週初から気持ちよく上げましたが、金曜日に息切れして反落して一週間を終わっています。

 GBPは、相変わらずイギリスのEU離脱にからむブレグジットの問題で揺れています。このまま合意なき離脱に至ると、イギリス経済に与えるであろう影響は計り知れません。

 マーケットは相変わらずぎこちない動きを続けていますが、年末の下げトレンドを思い出すと、ずいぶんと楽観的な見方をしているように思えます。私には、イギリスとEUの間で離脱にかかわる合意がなされるのか、EU離脱に関する協議のために、離脱が先送りされるのか、イギリス国内でEU離脱にかかわる法案が可決されるのかなどの政治的諸問題を予想することなどできません。

 国内で自民党が政権を握り続けて、国民の基本的人権を削り続けているにもかかわらず、有権者が支持し続けている理由も理解できないのですから。。。

 まして、イギリス議会の近未来を予測するなんてことはできません^^;

 ただ、イギリスのEU離脱にかかわるブレグジットの問題がこじれれば、マーケットに大きな影響を与えるということだけはわかります。だから今は、政治問題の決着がつくまでは、マーケットを静観するしかないと思っています。

 GBP以外の通貨で設定を入れることも視野に入れていますが、スワップポイントの面から、有利になりそうな動きがないので、まだまだ設定を入れるのを我慢するしかないでしょう。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+13,014円、ブレグジット問題でマーケットを静観することを決意した1か月〜 ループイフダンで1億円を目指す過程2019年3月の1か月のまとめ


 へっぶしんです。

 今日から4月になりました。仕事は、新年度に入り若干バタついています^^;

 先週は、8:30~22:00の勤務が2回あり、毎日午前中から夜まで働いていたので、ブログが更新できませんでした^^;

 今週も若干バタつきます。来週からは、会社が通常営業に戻りますので、以前の通りに毎日更新できるはずです。

 2019の3月のアイネット証券のループイフダンの決済です。

 +13,014円です。

 今年の損益は、「-769,351円」です。
2019_3月の決済まとめ














































































 3月も1月・2月と同様に、前半はトレンドをフォローすべく、バタバタと設定を入れたり、止めたりしていました。

 ただ、3月の中盤以降は、ブレグジット関連のニュースに振らされて、ぎこちないレンジ相場が続いたために、イギリスのEU離脱問題であるブレグジット関連の政治が落ち着くまでは、GBPに関しては、マーケットを静観しようと決意しました。

 基本的には、アイネット証券のループイフダンは、GBPでやっていきたいのですが、他通貨の設定を入れることも検討しています。ただ、USDはスワップポイントが高めで、円安傾向にあるために買い設定が入れにくい状況です。AUDも78円近辺で、トレンドがあまり出ていません。

 できる限り、メジャー通貨でやっていきたいので、その他の通貨は見ないようにしています。

 USD/EURのチャートも見ていますが、なかなか参入チャンスがありそうな通貨がありません^^;

 ブレグジットに関連性が薄い通貨でトレンドが出れば、設定を入れます。しかし、基本的にはマーケットを静観していると思います。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+351円、GBPは直近のサポートラインで踏みとどまる〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190325〜0329の一週間のまとめ


 へっぶしんです。

 イギリスのEU離脱にかかわる問題であるブレグジットのニュースで、マーケットが一喜一憂して、不自然なレンジ相場が続いています。

 さて、今週の一週間分のアイネット証券のループイフダンの決済です。

 +351円です。

 今年の損益は、「-769,351円」です。
20190328決済まとめ



 現在は、設定を止めています。

 ポジションは、
  3-0
 です。(1000通貨の売りポジションが6本)



 先週もGBPは、ブレグジットの問題で政治的ニュースに左右されて、ぎこちない値動きが続きました。

 現在は政治の問題でマーケットの動きが不自然になっているので、設定を入れないように我慢に我慢を重ねて相場を静観しています。

 政治的な動静が落ち着いてから設定を入れようと、現在はマーケットを静観しています。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+351円、GBPは下値抵抗線を割る〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190329の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 昨日の決済は、「+351円」でした。

 今年の累計損益は、「-769,351円」です。
20190328決済まとめ




 現在のアイネット証券のループイフダンは、設定なしです。

 ポジションは現時点で、
 GBP 3-0
 (1000通貨で10本の売りポジション)
 です。
3月28日の日足のまとめ








アイネット証券のループイフダンで作成

 GBPの日足チャートは、3/29の深夜にサポートラインを下抜けずに終わりました。イギリスのEU離脱の問題であるブレグジット関連のニュースに影響されてぎこちないレンジ相場が続いています。政治問題が決着すれば、ある程度のトレンドがでると思うのですが、今のところは動きがぎこちないとしか言いようがありません。政治問題として、大きなものである以上、結果を予想しながらのトレードは、リスクが大きいでしょう。

 政治問題が決着して、トレンドが出るまでは我慢して静観します。イギリスにとって良いニュースがあれば上がるし、悪いニュースがあれば下がります。残念ながら、ヨーロッパの取引時間は仕事中ですのでニュースのチェックもできません。小さな政治問題や統計指標の発表などのニュース材料は一切気にしないのですが、国の経済の方向性が大きく変わる可能性/危険性のあるEU離脱に関するブレグジットの問題に関しては、ニュースがマーケットに与える影響はとても大きいのではないでしょうか。その中で、政治の動向を予測することは不可能です。イギリスでのEU離脱に関する法案の成否や、EU側のブレグジットに対する対応などは、後付けで知ることしかできません。

 基本的には、日足チャートの強弱感に従って、トレンドフォローしていきたいのですが、大きな政治ニュースにマーケットが振らされる状況に個人が対応するのは厳しいものがあります。

 政治問題が決着する6月までは、できる限り静観しようと思っています。

 どうしても、設定を入れたくて仕方ないのですが、ここは我慢だと思っています。

 GBPの次の上値抵抗線は148.604円あたりにありそうです。
         さらに上げるようであれば、149.301円あたりが次のめどです。
         下値支持線は144.297あたりにありそうです。
           その次は、143.774円あたりがサポートラインになりそうです。
         さらに下げるようであれば140.889円あたりがめどになりそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+616円、GBPはブレグジットの政治的ニュースで不自然な値動きが続く〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190318〜0322の一週間のまとめ


 へっぶしんです。

 ブレグジットにより、目先の動きが不安定になっているため、設定を止めています。

 さて、今週の一週間分のアイネット証券のループイフダンの決済です。

 +616円です。

 今年の損益は、「-769,702円」です。
3月18日~22日の決済のまとめ



 現在は、設定を止めています。

 ポジションは、
  6-0
 です。(1000通貨の売りポジションが6本)



 先週のGBPは、ブレグジットの問題で政治的ニュースに左右されて、ぎこちない値動きが続きました。

 政治的な動静が落ち着いてから設定を入れようと、現在はマーケットを静観しています。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+616円、GBPは下げトレンドで足踏み〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190322の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 昨日の決済は、「+616円」でした。

 今年の累計損益は、「-769,702円」です。
20190322決済まとめ





 現在のアイネット証券のループイフダンは、設定なしです。

 ポジションは現時点で、
 GBP 6-0
 (1000通貨で10本の売りポジション)
 です。
3月22日の日足のまとめ








YJFXのEXチャートで作成

 GBPの日足チャートは、サポートラインを下抜こうとして跳ね返されています。日足の形としては、十字で終わっており、1日を通して売り買いが均衡したことを示していますので、一般的にはトレンドの転換のサインになることが多いです。しかしGBPの場合は、十字の足が反転のサインになることはほとんどありません。

 また、現在のGBPは、日足チャートで強弱を見るというよりは、ブレグジットのニュースにマーケットが反応する状況が続いています。テクニカルで分析できる状況ではないように思えますので、相変わらず設定は入れずにマーケットが落ち着くのを待つ方が得策でしょう。

 政治問題が決着する6月までは、できる限り静観しようと思っています。

 どうしても、設定を入れたくて仕方ないのですが、ここは我慢だと思っています。

 GBPの次の上値抵抗線は148.604円あたりにありそうです。
         さらに上げるようであれば、149.301円あたりが次のめどです。
         下値支持線は144.297あたりにありそうです。
           その次は、143.774円あたりがサポートラインになりそうです。
         さらに下げるようであれば140.889円あたりがめどになりそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

楽天市場
DMM.com
Profile

akkey08

使っています♪
実は使っています
ブログランキング
人気ブログランキング
くりっくをお願いします
ドメイン取得
〜訪問ありがとうございます〜
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ループイフダン
  • ライブドアブログ