へっぶしんのニュースや日記

日々の生活で気になるニュースの、独断と偏見に基づいたコメントや日々の出来事、株について、娘(思春期)のことなどをつれづれなるままに書きます。最近は、アイネット証券のループイフダンを中心に、資産運用について書いています。

自民新憲法草案の前文原案

ブログネタ
小泉首相の選挙後の政策 に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

自民党の憲法改正の草案の前文が公表されたようです。

日経新聞の前文と朝日新聞のリンクをします。

「国際平和へ協力」を明記・自民新憲法草案の前文原案

 自民党新憲法起草委員会(委員長・森喜朗前首相)がまとめた新憲法草案の前文の原案が8日、明らかになった。国際貢献への積極的な姿勢を打ち出し「国際平和を誠実に願い、他国と共にその実現のため協力し合う」と明記。愛国心や自衛権についても「国を愛する国民の努力によって国の独立を守る」との表現で盛った。
 現行憲法が触れていない日本独自の歴史や「伝統と文化」も盛り込み、保守色を強めたのが特徴。安全保障などの規定との整合性を詰めたうえで、新憲法草案の本文と合わせて28日に決定する。

率直な感想です。

意味がわかりません!!!

自民党のホームページを見に行ったのですが、発表された前文がどこにあるのかわかりませんでした。。。

ので、記事のみで書きます。

「国際平和を誠実に願い、他国とともにその実現のために協力し合う」

・国際平和を誠実に願いたいものですが、他国とともに何を協力し合うのでしょうか?

・テロ撲滅のための戦争を協力し合うのでしょうか?

国際平和への願い」と「他国とともにその実現(国際平和)のため協力し合う」ことの関連性が全くわかりません。

平和
1戦争もなく世の中が穏やかである・こと(さま)。
2争いや心配事もなく穏やかである・こと(さま)。
大辞林

平和の反対語は、戦争になるでしょう。

なので、

国際平和を誠実に願い、他国とともに戦争(紛争)の解決(または撲滅)に向けて協力し合う。

ならば、話の筋が通ります。

「願い」と言う非行動的な言葉と、「協力」と言う行動を伴う言葉が並存していて、行動の方針がわかりません。

国を愛する国民の努力によって国の独立を守る

この文章が存在する必要性が全くわかりません。

日本は常に独立の危機にさらされている国なのでしょうか

日本は、努力しなければ独立が保てないほど不安定な情勢なのでしょうか

全く時代の流れとマッチしていません。

と言うか、時代の流れと乖離しています。

不要な文言は入れないほうがいいでしょう。

日本独自の歴史や「伝統と文化」も盛り込み、保守色を強めたのが特徴

これもナゼ?いまさら?

伝統や文化を大切にする気持ちは大切ですが、これからの方がもっと大切です。

いまさら強調しなければならないことではないでしょう。

読めば読むほど、考えれば考えるほど意味がわからなくなっていきます。

前文からしてこのような低俗な案だったら憲法を改正する必要が全くありません

誰か憲法に詳しく国語力がある方、解釈の仕方を教えてください。

意味がわからなすぎます。

そして、自民党案が載っている前文の場所も教えてください。

 

ランキングが降下しています。

クリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 

すしや再び

ブログネタ
子育て に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

むすめネタでこられた方、カテゴリ「むすめ」をクリックして頂いて、むすめネタのみを読むことをお勧めします。(政治ネタが主体なので。。。)

さて、何度か書いていますが、むすめはいくらが大好きです。

昨日も、「もちろん回るすし屋」に言ってきましたが、そのときの写真です。

20051009_2

使用前のいくらに、
魔の手が。。。
元気な姿の軍艦ヤマトと軍艦ムサシです。

20051009_1 使用後です。
軍艦ヤマトは、武装解除
軍艦ムサシは、あえなく撃沈
してます。

この強引な手法で武装解除に至った2隻が、そのままさげられたのは言うまでもありません。(前回は、へっぶしんが跡形もなくとどめをさす羽目になりましたが。。。)

じつは、、、

いくらはよかったのですが、

昨日の主役は納豆巻きでした。

むすめ、納豆巻きを1皿平らげたのですが、

、、、、、、、、、、、、

、、、、、、、、、、、、

ネバネバで遊びだし

ネバネバで勝手に不機嫌になり

ぽんちょこりんとへっぶしんを困らせました。

ここまでくると、

たくさん食べて、大きくなってね(^o^)v

としか言えません(ToT)

しかし、外食のときだけはよく食べます。

 

家での食事もちゃんと食べて欲しいと思う方、クリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 

年金の強制加入と議員年金

ブログネタ
どうなる年金改革 に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

年金のネタが2つ記事になってます。

日経新聞より、

社保庁、厚生・国民年金の強制加入に着手

 社会保険庁は公的年金に未加入の企業や個人を強制的に加入させる手続きに着手する。厚生年金への加入に応じない企業に月内にも職権による立ち入り検査に入る企業から離職した後に国民年金への加入を怠っている個人も強制加入させる。保険料の納付意思が乏しい人や企業を加入させても未納が続く可能性は残るものの、皆年金制度のもとで公平性を確保し、年金財政の健全化につなげる必要があると判断した。
 厚生年金はすべての法人事業所と5人以上の従業員がいる個人事業所に加入義務がある。しかし保険料負担を嫌って加入手続きを怠ったり、違法に脱退したりする事業者が後を絶たない。中小企業などの収益環境が厳しかったこともあり、ここ数年、加入事業所数は減少傾向にある。企業が厚生年金に加入しないと、従業員は国民年金に入らない限り将来、年金を受け取ることができない。

年金制度は、強制加入が義務付けられています。

ですので政府(社会保険庁が担当)は、強制的に加入料を徴収する権利を持っています。

が、国民に年金保険料を支払う義務感が乏しいため未納が後を絶たず、財政が悪化して、強制的に徴収することにしました。

しかし、相次ぐ社会保険庁の不祥事や年金に対する行政の怠慢で、10年以上前から財政が悪化するのが明確だったにもかかわらず、有効な改革をしてこなかった政府への不信が、国民が年金の保険料を納めない背景にあります。

また、解体される社会保険庁がいまさら強権を発動するのは恥の上塗りでしょう。

保険料の徴収を強制的に行うのではなく、年金システムを安定させる構造改革が先です。

不信感をさらに高める行動だけは慎んだ方がよいです。

 

議員年金、給付総額2割削減・与党改革案

 自民、公明両党がまとめた国会議員互助年金(議員年金)改革案の要綱が6日、判明した。来年4月から暫定措置として、高額な所得がある議員OBについて給付の削減や打ち切りを実施し、給付総額を2割減らす国庫負担割合も5割に引き下げる。将来の制度廃止に向け、議員年金を公的年金制度に組み入れる方針も明記した。
 要綱では、議員OBの給付に着目。4―10%の減額支給のほか、所得が年700万円を超えるOBには、所得に応じて支給を打ち切るなどして約4億円を削減する。既に受給資格を持つ議員は現行制度と比べ13%、資格に満たない議員は33%給付を減らし、給付総額を2割削減する。

まだ甘いと思いますが、とりあえず支給を減らし、支出を削減するようです。

国庫負担割合が現在は7割程度と言うことで、ほとんど税金が投入されている国会議員の互助年金。

構造改革にあたっては、国会議員の方も相応に痛みをともにしていただきたいです。

 

ランキングが足踏み状態です。

ご協力をお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 

あいかわらずなつかないむすめ

ブログネタ
子育て に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

あいかわらずぱぱになつかないむすめ。

昨日、へっぶしんが家に帰ると、

ぱぱ、ただいま!!

と言って出迎えてくれるむすめ。

そして、

「今日ラーメン食べちゃから、れんらくちょ〜みちぇ。。。」

といって、保育園の連絡帳をへっぶしんに読ませます。

連絡帳には、粘土遊びをしているときに、自分で注文して自分でラーメンを作ったとかいてありました。

すでに自作自演です!!!

「むすめ、粘土で遊んだの?」

「むすめ、今日ラーメン作ったの?」

などと、心温まるむすめとのコミュニケーションをとっている最中に、

突然、

ふぇ〜んまみゃ〜。。。」

と泣き出します。

(人の話を聞きなさい!!!)

と心の中で叫んでいるのですが、二階で夕食を作っているままを呼んでしまうチキンなへっぶしん。

もう少しでいいから、ぱぱをかまって欲しいものです

家に帰っても、最初はすごく嬉しそうなのですが、10分もパパと遊んでくれません。。。

 

もっとしっかりしろ!!」と思う方、クリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 

村上ファンドの阪神電鉄買占め問題

へっぶしんのニュースや日記です。

本日は突っ込みたい政治ネタがないので、初の経済ネタを書いてみます。

日経新聞より、

村上ファンド、阪神タイガーズ上場提案

 阪神電気鉄道の筆頭株主となった村上世彰氏が率いる投資ファンド、M&Aコンサルティング(東京・港)が阪神電鉄に対して、傘下のプロ野球球団、阪神タイガースの株式上場を提案していることが4日、明らかになった。数年内に阪神タイガース株の公募・売り出しを実施、大阪証券取引所ヘラクレス市場に上場する内容。選手に株式購入権(ストックオプション)を与えることも盛り込んだ。
 関係者によると、村上ファンド側は株主を増やすことで観客動員・グッズ販売の増加が期待でき、収益力を向上できると阪神電鉄の経営陣に説明した、という。阪神電鉄では「現時点でコメントすることはない」としている。

共同通信より、

村上阪神、などありえない 巨人渡辺会長が強く反発

 村上ファンドが阪神電気鉄道に阪神タイガースの株式上場を提案したことに関して、巨人の渡辺恒雄球団会長は5日、報道陣に応対し「上場なんてとんでもない。野球協約上、許されない。村上阪神などありえない」と声を荒らげて批判した。  渡辺会長は、野球協約が参加資格に定める「資本金1億円以上の株式会社」「日本に国籍を有しないものの株式総数が49%を超えてはならない」などの要件を挙げた上で「村上ファンドはどこの国籍で、どこからカネが集められているのか」と疑問視した。

村上ファンドの魅力ある提案に、ナベツネが反対しています。

一昨年、昨年とあれだけ世間を騒がせたプロ野球界ですが、村社会的な体質は一向に変わっていないようです。

ナベツネ談話で、法律よりも野球協約を優先させるあたりが、まったくの村社会的な考え方です。

法律上は、阪神電鉄の買占めや、保有株比率に伴っての経験の掌握で、違法となりそうな事項は見当たりません。

プロ野球界の上層部は、あまりに保守的です。

野球協約上問題があるのなら、野球協約を変えてもよいのですが、全くそういう発想はありません。

巨人がプロ野球界を背負っているという構図は変わり始めています。

柔軟な考え方で、より良い考え方を吸収していかなければ、プロ野球界は衰退してしまうのではないでしょうか?

球団の上場や選手にストックオプションというのは、大変に面白い考え方です。

よりよいプロ野球界のためにも、注目を集めることや、新たな挑戦を継続して行って欲しいです。

 

阪神タイガースの上場に興味のある方は、クリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 

国民年金と医療・介護保険の資格の一元化と

ブログネタ
どうなる年金改革 に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

年金関係の記事が2本出てます。

日経新聞より、

(10/5)公的年金と医療・介護保険の一括加入義務に──首相検討

 小泉純一郎首相は4日の参院予算委員会で、公的年金と介護保険、医療保険の被保険者資格の一元化について「今後十分検討したい」と述べ、国民年金の空洞化対策として、介護保険や医療保険との一括加入の義務付けを検討する考えを示唆した。自民党の阿部正俊氏への答弁。
 阿部氏は「公的年金と介護、医療保険の被保険者資格を一元化して、一枚の被保険者証にすべきだ」と提案。首相は「年金は保険料を負担することができず払っていない人と、保険料を負担できる能力があるのに払っていない人がいる」と、国民年金の未納・未加入者の増加を指摘したうえで「医療保険も年金も統一しろ、というのは検討に値する指摘だ」と強調した。

国民年金の加入者の未納の問題ですが、世代間扶養という制度に絡んで問題点をいくつか上げます。

・年金を支払う側の人間は、自分が支払った分年金を受給できる見通しが弱いときは、支払いたくなくなる。

・将来年金を支払う子供の数が減っているのに、少子化対策が遅れており、年金を支払う側としては、少子化対策をせずに支払い義務だけ押し付けれらても(そう感じる)支払う気になれない。

という感情から、年金の未納者が減らないのではないでしょうか?

上記の記事の医療・介護保険と年金の加入資格一元化については、考え方は面白いのですが、強制加入という国民に義務を強いる政策なので、医療介護保険と国民年金の運用についての責任をしっかり果たして欲しいです。(今までの状況では、責任を果たさずに義務を強いている印象を受けます)

また、国民年金の加入資格と医療・介護保険の加入資格を一元化すると、実務上(管理上)、厚生年金・共済年金の年金の二階建て部分はどうするのか?という疑問も湧いてきます。

→管理する国側と従業員を抱え義務を課される会社の実務への負担も大きそうです。(これでは経費が増大するのでは?)

いずれにせよ、ベストよりはベターな政策を追っていかなければならないのですが、政策への評価は、制度の簡略化義務を課す側の責任を考えるべきです。

(制度が複雑になれば人件費やシステムなどの設備投資が増え、結局は増税や保険料負担の増大につながります。義務を課す側の責任は上述のとおりです。)

複雑に絡んだ難問ですが、推移を見守っていきたいです。

 

(10/5)議員年金改革、4月から暫定措置・与党案

 自民、公明両党は4日、国会議員互助年金(議員年金)について、廃止に向けた暫定措置を来年4月から実施することを柱とする改革案を固めた。給付総額の1割削減、国庫負担割合の5割への引き下げ、高額所得のある議員OBへの支給額削減や打ち切りなどが柱。来年の通常国会に法案を提出し、早期成立を図る。
 議員年金は将来の厚生・共済年金の統合にあわせて一元化するとしており、最終的な制度廃止の時期を先送りしている。
 与党は検討チームで内容を詰めたうえで、13日の衆院議会制度協議会で改革案を提示。野党とも調整するが、民主党はすでに現行制度の即時廃止を柱とする提言をまとめており、折衝は難航しそうだ。

国民年金とは関係のない議員年金ですが、国民の利益を損なうことはできても、自分の利益を減らすことはできないようです。。。(残念です)

現在の状況では、国民も痛みを伴う改革があっても仕方がないのですが、国会議員自らも痛みを伴いながら、構造改革を進めて欲しいです。

 

議員年金は廃止した方がよいと思う方、クリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 

今日買いました

ブログネタ
林輝太郎系投資法でいこう! に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

銘柄は秘密ですが、昨日下げた株を今日買いました。

1銘柄に絞って、リズム取りをしようとしているのですが、ここの所吹き上げた株だけに、1000株の買いでも怖いです。

押し目なのか、天井をうったのか・・・。

上げ相場が続いているのであれば、今日の買いは成功でしょう。

が、天井をうっていたら、今日の買いは大失敗です。

明日、明後日の終値がどうなるのか緊張しています。

まだまだ練習の段階なので、今週下げつづけるようであれば、即損切りします。

 

新規に売買をしてドキドキの方、クリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 

むすめのはらまき

ブログネタ
子育て に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

最近ようやく残暑も終わりを告げ、朝晩が微妙に寒くなってきました。

そこで、むすめにパジャマの上から腹巻をさせています。

風呂上りに、むすめが着替えるとき、

のりまきしゅるにょ(^^)v

とかわいく言います。

は・ら・ま・き!!

です。

腹巻とのりまきの区別がついていないようです・・・。

きっとむすめは、自分がのりまきになっているのでしょう。

 

お子さんをのりまきにしている方、クリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 

郵政民営化法案反対派議員の処分と少子化対策

ブログネタ
小泉首相の選挙後の政策 に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

本日は、午後に面白いのニュースが出てます。

日経新聞より、

自民幹事長、郵政民営化法案反対派は月内に処分

 自民党の武部勤幹事長は4日午前の記者会見で、先の通常国会で郵政民営化法案に反対し衆院選に無所属で当選した議員らの処分について「今月中にすべてできるのではないか」と述べ、月内に処分する方針を表明した。処分を決める党紀委員会を郵政法案成立後に開き、具体的な処分内容の検討に入る段取りも示した。

党本部判断で支部解散も・自民、政治資金規正法改正案了承

 自民党は4日午前の選挙制度調査会(鳩山邦夫会長)と総務会で、政党本部の判断で党支部を解散できるようにする政治資金規正法改正案を了承した。党本部が支部の代表者や会計責任者に代わり、団体の解散届を提出できる規定などを盛り込んだ。今国会に法案を提出する。
 郵政民営化法案に反対し、非公認で当選した議員が党支部長を務めている状態を解消するのが目的。改正案では、党本部が支部の解散手続きを代行した場合に「当該支部の代表者および会計責任者であった者に対し、当該届け出をした旨を通知しなければならない」と規定した。
 現行では政党支部の解散に当たり、支部長と会計責任者が30日以内に、署名などをした解散届と収支や資産を記載した報告書を提出しなければならないと定めている。党本部が支部を解散したくても、支部長らが解散届や報告書を提出しない限り、改廃はできない仕組みだ。

衆議院の解散からすると、郵政民営化法案反対派議員の処分がずいぶん時間がかかっていますが、大掛かりな処分の仕方を考えているようです。

自民党所属の郵政民営化法案反対派議員の個人的な処分にとどまらず、地方の支部を丸ごと処分しようとしているようです。

政党のあり方を考えさせられる処置です。

政党本部の支部に対する力が強くなり、地方から中央の政界への提言する力が弱まります。

郵政法案に絡めて、地方の力を弱めるのは賛成できません。

・政治集団としての政党を考える場合は、中央集権的な一枚岩の政党が理想的です。

・多様な価値観を包含して、さまざまな議論の場を作る側面を持つ民主主義という観点から見ると、少数派を切り捨てる考え方です。

どちらが正しいという考え方ではなく、議会制民主主義においての政党のあり方で、どのような立場から政策をするかということでしょう。

小泉政権としては、構造改革の道筋をつけるには、政党を一枚岩にしなければ、という観点からの政策です。

しかし別の角度から見てみると、反対派の押さえ込みがあまりに強引です。

妥協点は、別の場所にあるのではないでしょうか?

 

やっぱり日経より、

政府、少子化対策で「推進室」を設置

 政府は4日、少子化対策を充実させるため、内閣府に少子化対策推進室を設置した。林幹雄政策統括官(共生社会政策担当)を室長に13人で構成。関係部局の連携で総合的な政策の企画・立案を進める。
 これに関連し、細田博之官房長官は同日の閣議後の記者会見で、関係閣僚と有識者でつくる検討委員会を月内に開き、年内に当面の対策をまとめる考えを表明した。児童手当の拡充の是非や家族の在り方などを幅広く検討し、来夏までに最終的な報告書をまとめる。日本経団連の奥田碩会長ら経済人と関係閣僚が協議する「子育て支援官民トップ懇談会」を今月中旬に開く意向も表明。同懇談会は5月に続き2回目の開催となる。

現在子供を持つ親としては、どうにかして欲しい問題です。

大きく出ると、今の社会環境で2人以上の子供を育てるのはあまりに大変です。

共働きで、仕事をしながらの育児では、問題が多すぎます。

金銭的なこともありますが、本当に求めたいのは、「行動としての育児支援」です。

子供がいても、安心して共働きができる環境がなければ、この先少子化をとめることができないのではないか?と思います。

具体的な政策が出てくることを期待します。

 

ランキングが低迷気味なので、何とかクリックをお願いします。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 

か、買えなかった・・・

ブログネタ
林輝太郎系投資法でいこう! に参加中!

へっぶしんのニュースや日記です。

現在、吹き上げ中の株を買おうと思っているのですが、金曜日に下げて、今日押し目買いをいれようと思っていたら、昨日上げてました。。。

残念ですが、また今度。。。

順張りで買ってもいいのでしょうが、

・上げ相場であれば押し目買い

・下げ相場であれば戻り売り

が、仕掛けの基本ですので、次の機会まで待ちます。

また、昨日注文を出さなかったのは、月曜日は新規売買禁止という禁止事項があったため、待ちました。

じれったいのですが、禁止事項は守りながら売買をしたいです。

すぐに儲けようと思うよりも、

・波乗りの感覚を養い

・継続的に利益をあげられるようになること

が、目標なので、逆張りにこだわっていきたいです。

でも、ずいぶん上げたから、押し目だと思ったら天井だったということがありそうで怖いのですが。。。

 

ランキングに参加しています。

クリックをお願いします。。。

↓  ↓  ↓  ↓

人気blogランキングへ

 


現在は下記の本を読んでいます。

何回も読んでいますが、本文中に記述したの禁止事項や売買に必要な道具、売買方法さらには売買譜まで掲載されています。
最後の方はまだ私のレベルでは到底追いつかないところなのですが、売買技法の上達の道筋が詳細に記述されています。
お勧めの一冊です。
この本も読むのは2回目ですが、「林輝太郎先生」の本は、読むたびに印象が違ってくるので、常に読み返す価値があります。
上記の本とともにお勧めの本です。

 

楽天市場
DMM.com
Profile

akkey08

使っています♪
実は使っています
ブログランキング
人気ブログランキング
くりっくをお願いします
ドメイン取得
〜訪問ありがとうございます〜
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ループイフダン
  • ライブドアブログ