へっぶしんのニュースや日記

格差社会に疑問を感じながら日々を過ごしています。 まともに働いても給料が減り続けるので、副業で投資をして資産を築こうと株と投資信託、FXをしています。 趣味の読書とアイネット証券のループイフダンの日々の成績について書いていきます。

〜「-834670円」、GBPでロスカットになり資金の大半を失う〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190103のまとめ


 へっぶしんです。

 年明け早々のGBPの急落で、アイネット証券のループイフダンで強制ロスカットが発生し、資金の大半を失いました。

 FX自体は続けていきますし、再起を図っていきますが、3年で積み上げた利益をすべて失い、残った資金はループイフダンを始めたときの30万に戻っています。

 とりあえず、強制ロスカットの悲惨な画像です。

終了。。。




























































 いろいろなブログを見ていると、私と同様に強制ロスカットになった人が多かったようです。

 不幸中の幸いは、投資を行う上で当然のことなのですが、手を付けてはいけないお金は投入していないということでした。あくまでも、将来のための資金での運用失敗ですので、精神的に落ち込んではいますが、運用方針を見直して再起を図れば、まだまだ投資は続けられる状態です。

1月9日の日足










※アイネット証券のループイフダンで作成

 それにしても、長い下ひげですね。133.319円でのロスカットなので、明らかにポジションの持ちすぎが原因です。数年に1回の暴落ですが、そこまで考えてポジションを調整していなかったのが原因です。

 利益を追求するあまり、リスク管理が甘くなり過ぎていました。ループイフダンの運用をして3年の間に、ピンチは2回ほどあったのですが、それを乗り切ったという自信が過信になってしまいました。

 何度か設定を止めるかの判断をすると書いていましたが、結局設定を止めたのが1月2日の夜でした。しかもB50の買い設定2本のうちの1本を止めただけでした。

 リスクに対して鈍感になりすぎていました。

 そこで、今後の運用方針は、レバレッジが5倍を越えたら止める。

 というルールを厳格に守っていきます。

 ただ、あくまでも利益の追求と1億円を目指すという目標は変わらないので、値幅の狭い設定にしてトレンドフォローを徹底する方針に切り替えます。設定を頻繁にいじることになりますが、日々の場帳の記入と日足チャートの確認を、今まで以上に徹底して利益を追求します。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+1413円、GBPはレンジ相場〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190211〜0215の一週間のまとめ


 へっぶしんです。

 仕事の方の繁忙期はほぼ抜けました。ここからは、週2日の休みが確保できそうです。ただ、深刻な人手不足に変わりはないので、こなしきれない仕事量にアップアップし続ける状態は変わりません^^;

 さて、今週の一週間分のアイネット証券のループイフダンの決済です。

 +1413円です。

 今年の損益は、「-791,789円」です。

20190211〜0215決済まとめ











 今週は、設定をいじらずにマーケットを静観していた一週間でした。

 現在の設定は、GBPのB20を1000通貨単位で5本の設定をしています。

 レバレッジは2倍程度になっています。

 そして、ポジションは、

 0-5

 売りポジション0本、買いポジション5本で、高値買いの買いポジションが含み損を抱えています。

 GBPではレンジ相場が続いているので、マーケットを静観しています。下手に動くよりも、トレンドが出るまで待ちます。待つことが苦手な性格なので、試練の時期に差し掛かっています^^;

 トレンドが出るまでは、設定を入れずに我慢します。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+375円、GBPはレンジ相場が続く、2/7の下値を抜くも戻りも強い〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190215の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 +375円でした。

 今年累計損益は、「-791,789円」です。

20190215決済まとめ





 現在の設定は、B20を1000通貨ずつで5本です。

 ポジションは、
 GBP 0-5
 (5本の買いポジション)
 です。

2月15日の日足のまとめ







アイネット証券のループイフダンで作成

 GBPの日足チャートは、大きくした足を付けて、2/7の下値を更新しましたが、そこから1円くらい戻しています。相変わらず、下値を切り下げたと言い切れる状態ではありません。

 かといって、上値を更新しながら上げているわけでもありません。

 週明けに判断をして、設定を入れようと思っていましたが、様子見が続きます。

 レンジ相場を抜けてトレンドが出たと判断できるまでは、マーケットを静観します。

 GBPの次の上値抵抗線は145.80円あたりにありそうです。
         下値支持線は141円あたりにありそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+1308円、GBPはレンジ相場が続く、2/7の下値を抜くか?〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190214の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 +1308円でした。

 今年累計損益は、「-792,164円」です。

20190214決済まとめ






 現在の設定は、B20を1000通貨ずつで5本です。

 ポジションは、
 GBP 4-5
 (4本の売りポジションと、5本の買いポジション)
 です。

2月14日の日足のまとめ







アイネット証券のループイフダンで作成

 GBPの日足チャートは、3日連続で陽線の後に昨日は大きめの陰線でした。ただ、明確にトレンドがでかどうかというと、何とも言えません。

 本日は、141円近辺での攻防が続いています。

 2/7の下値を、下に抜いてくるようだと、下げトレンドと判断できるのですが、レンジ相場が続いているようにも思えます。本日の動きで、トレンドを確認できるようであれば、来週から売り設定を入れます。

 レンジ相場が続くようであれば、現在の設定のまま、マーケットを静観します。

 GBPの次の上値抵抗線は145.80円あたりにありそうです。
         下値支持線は141円あたりにありそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜塩野七生氏の日本への提言〜 『日本人へ』(塩野七生)を読んで

日本人へ(国家と歴史篇) (文春新書) [ 塩野七生 ]
日本人へ(国家と歴史篇) (文春新書) [ 塩野七生 ]

 へっぶしんです。

 2月の繁忙期を、ほぼ乗り切りました^^;

 若干気が抜けてて、今日の休みもネットを見たり、カフェに行って読書をしてきたりした後、昼寝をしてしまいました。^^;せっかくの休みをもったいない過ごし方をしてしまいました。


 3回連続になっていますが、去年読破した文庫本43巻立てのローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず 上 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]の著者の塩野七生さんのエッセイを読みました。

 随筆(エッセイ)なので、サクサク読めましたが、塩野氏の海外から日本を見たときの視点が面白かったです。




 著者は塩野七生氏です。

 学習院大学文学部哲学科を卒業後にイタリアに遊学され、多数の著書を書かれています。全巻読破したいくらいなのですが、多すぎます^^;

 主な著書に
ルネサンスの女たち (新潮文庫) [ 塩野 七生 ]

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫) [ 塩野 七生 ]

海の都の物語(1) ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]

ローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず 上 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]

など多数あります。

[概要]

帯より

--------------------------------------------------------------------------------
 ローマの衰亡は500年

 日本の衰亡は20年

 ならば、どうする?

(混迷の時代に希望の灯をともす 「ことば・言葉・ことば」43本

--------------------------------------------------------------------------------

表紙の内側

--------------------------------------------------------------------------------

 日本人へ 国家と歴史篇

 夢の内閣をつくってみた。大臣たちは、私が慣れ親しんできたローマの皇帝にする―治者とは?戦略とは何か?現代日本が突き当たる問題の答えは、歴史が雄弁に物語っている。大好評『日本人へ リーダー篇』につづく21世紀の「考えるヒント」。
--------------------------------------------------------------------------------

 私と共通の好みが、本の帯が好きだということです。これは、妻には理解されないので、フェチになるのでしょうか。出版社が本を売るために、必死になってひねり出した本の紹介で、とても力の入ったものではないでしょうか。

 だから本の内容への期待が膨らむ、力強いことばのように感じています。なかなか、自分の好みを言葉にするのは難しいのですが、簡単に自己分析をしてみました。


 自分で自分を守ろうとしない者を誰が助ける気になるか。
 -ニコロ・マキアヴェッリ


 本編の冒頭で著者の塩野氏が引用した、『君主論』で有名なマキャベリの言葉です。塩野氏自体は、日本は憲法を改正して自衛隊によって、国を防衛すべきだと考えています。この考え方については、私は受け入れられないのですが、塩野氏のローマ史を書かれた経歴からは、主張の根拠は理解ができます。


 また、塩野氏の著作がいつ書かれたのかを、きちんと追っていないので何とも言えません。しかし、塩野氏が興味を持っているマキャベリ自体も、16世紀のイタリアの都市国家では当然であった傭兵制度を批判して、自国であるフィレンツェに常備軍を持たせることに情熱を傾けた人であることを考慮すると、国家が自衛軍を持つというのは当然という発想を持たれているのでしょう。


 さて本書は、43編の短いエッセイからなっています。


 これを大きく3つの章に分けています。

--------------------------------------------------------------------------------
 機)換颪糧畄爐箸蓮⊃雄爐欠乏するから起こるのではなく、人材はいてもそれを使いこなすメカニズムが機能しなくなるから起るのだ。
 (「『ローマ人の物語』を書き終えて」より)


 供〔瓦寮府をつくってみた。大臣たちは、私が慣れ親しんできたローマの皇帝にする。
 (「夢の内閣・ローマ篇」より)


 掘 屬呂犬瓩妨斥佞△蠅」とは、最後まで「言葉ありき」なのである。
 (「仕分けで鍛える説得力」より)
--------------------------------------------------------------------------------


 なんだか、これだけで本の内容が手に取るようにわかってしまいそうで、編集の緻密さに舌を巻いてしまいます。ちなみに私は、巻き舌ではしゃべりません。。。


 2010年に初版が発行されているので、10〜15年前の日本の状況について書かれています。全体的には、政治の話が多いのですが、塩野氏の政府間としては、改革好きであるように思えます。また、安定した政局が、改革を貫徹するためには必要なので、与党は安定多数を持っている状態がいいと考えられています。


 逆に政権基盤の弱い内閣は、よろしくないと考えられているようです。


 ただ、現代の状況についての見方は大変に柔軟で、一時帰国されたときに、懐かしの民主党政権の「仕分け」を見られた時には、官僚の説得力の無さに驚愕されたと感想を述べられています。ここでも、改革という動きを相対化して、どうすれば改革を貫徹できるかといった視点から意見を書かれています。内容について細かく把握をして、一つ一つを取り上げるといった思考の仕方はしていないように感じました。


  「ブランド品にはご注意を」という1編では、現在のイタリア製のブランド品について書かれいます。イタリア製のブランド品で、MADE IN ITALYにして良いのは、イタリア政府はその製品の30%がイタリア国内で作られていればよいという基準にしているようです。さらにその30%のイタリア国内でも、ブランドの下請けで作業をする人が、不法入国の中国人が使われているようです。したがって、現在では70%を中国で作り、残りの30%をイタリア国内で製造している「正規品」も、日本にはMADE IN ITALYとして輸入されているようです。最近は、ブランド品をありがたがる風潮がなくなり、安ければいいという風潮の方が幅をきかせています。そのような状況の中でなんともグローバルな状況になっているものだと思いました。


 これが書かれていた15年くらい前ですら、こんな状況で、今では服であれば外注先は中国ですらなくて、ベトナムやインドネシアなどの、さらに人件費の安い地域に工場が移動している。


 この中で、塩野氏が危惧されていたのが、熟練の職人の喪失です。日本でも、伝統的工芸品を作る技術を持った若者が育たないことが問題になっており、熟練の職人の喪失は文化の喪失にもつながるので、私も心配をしていることで、共感を覚えました。また、安かろう悪かろうの商品に囲まれて育つと、じっくりと腰を落ち着けてものごとに取り組む姿勢や、深く考える姿勢を失ってしまうのではないかと心配になります。


 次にイタリアの難民の事情ですが、「昔・海賊、今・難民」という1編が印象に残りました。ヨーロッパの中でも、地中海のアフリカ方面に向けて長靴状(私はロングブーツだと思っている)に突き出ている地形のため、政情不安のモロッコ、アルジェリア、チュニジア、リビアなどから、ゴムボートなどに乗って難民が押し寄せているそうです。最近の日本に老朽化した漁船に乗ってくる北朝鮮の難民と重ねて考えてしまいました。


 ただ、地中海の南端にあるアフリカ諸国と北朝鮮が重なったことに興味を覚えたのではなく、千年のベネツィアの歴史を書いた塩野氏の著作である海の都の物語(1) ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]
で書かれていた、イスラム教徒の海賊の出発地と、難民の出発地が重なるという箇所に興味を覚えました。古代ローマ帝国が衰亡してからの中世のヨーロッパは、フランス・スペインでは絶対王政に向かって、強大な王権を確立していき、イギリスが追随しました。しかし、ドイツ・イタリアは、領邦国家や都市国家が残っており、統一国家の建設が遅れていきます。そこにローマ教皇の権威が絡み、イタリアは、フランス・スペインからの圧力と、イスラム教国のオスマン帝国の海軍に徴集されることがある北アフリカの海賊の脅威にさらされ続けていきます。


 その北アフリカ諸国から、今度は難民の脅威にさらされているというのは、歴史の皮肉でしょうか。それとも、地政学的に切っても切れない関係にあるために起きている現象でしょうか。それにしても、人口5000万人のイタリアに、年間50万人もの難民が押しかければ、政治的な問題に発展するのも致し方ないことでしょう。


 随筆を読むと、いろいろなことが想像できて、とても楽しい時間を持てますね♪


 このブログを読んでいただいた方には、是非、本書もご一読いただければ幸いです。


 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

日本人へ(国家と歴史篇) (文春新書) [ 塩野七生 ]
日本人へ(国家と歴史篇) (文春新書) [ 塩野七生 ]

〜決済なし、GBPはトレンド転換か?〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190213の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 昨日は決済はありませんでした。

 今年累計損益は、「-793,202円」です。

 現在の設定は、B20を1000通貨ずつで5本です。

 ポジションは、
 GBP 10-5
 (5本の買いポジションと、10本の売りポジション)
 です。

2月13日の日足のまとめ







アイネット証券のループイフダンで作成

 GBPの日足チャートは、3日連続で陽線になっています。ただ、明確にトレンドがでかどうかというと、何とも言えません。

 相変わらず、142円近辺での攻防が続いています。

 GBPの次の上値抵抗線は145.80円あたりにありそうです。
         下値支持線は141円あたりにありそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜塩野七生氏の男性観などなど〜 『男たちへ』(塩野七生)を読んで


 へっぶしんです。

 仕事が忙しく、ブログを書く以前に本を読む時間をなかなか取れずに、ストレスが溜まっています^^;

 明日も早朝だけ仕事なので、寝坊しないように頑張ります^^;


 前回、前々回に引き続き、去年読破した文庫本43巻立てのローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず 上 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]の著者の塩野七生さんのマキャベリに関する小説の2巻・3巻を読みました。

 随筆(エッセイ)なので、サクサク読めましたが、いろいろと耳が痛いことが多かったです。




 著者は塩野七生氏です。

 学習院大学文学部哲学科を卒業後にイタリアに遊学され、多数の著書を書かれています。全巻読破したいくらいなのですが、多すぎます^^;

 主な著書に
ルネサンスの女たち (新潮文庫) [ 塩野 七生 ]

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫) [ 塩野 七生 ]

海の都の物語(1) ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]

ローマ人の物語(1) ローマは一日にして成らず 上 (新潮文庫) [ 塩野七生 ]

など多数あります。

[概要]

帯の裏側より

 あたな、気疲れしていませんか?

----------------------------------------------------------------------------------

 ・他人とは絶対に同じ服装をしたくない

 ・男性と女性は完全に平等であるべきだ

 ・職場の上司として、若い部下をよく理解しているつもりだ

 ・恋人・妻に何をプレゼントしたらよいか分からない

 ・不倫なんてけしからん

----------------------------------------------------------------------------------

 1つでも当てはまる方、必読!


 ずいぶん挑発的な帯ですね^^;

 本を売るために、必死に考え出されたキャッチコピーなので何とも言えませんが、答えてみたいです。

 ・他人とは絶対に同じ服装をしたくない

 ⇒けっしておしゃれではないのですが、人と同じ服装というのは好きではないです。ただ、絶対にといわれると自信がなくなりますね^^;

 ・男性と女性は完全に平等であるべきだ

 ⇒塩野氏は、男女は立場が不平等な方がいいと主張されています。ただし、法律などの社会の仕組みとしては、平等であるべきで、男女間の1対1の関係においては、男性が上に立った方が人間関係がうまくいくと主張されています。個人的には何とも言えません。司馬遼太郎氏は、男女は30歳を越えると立場が逆転して、男は女房の手のひらで踊らされると書かれていますが、そちらの方が共感できます。男性と女性の受け取り方の違いでしょうか。

 ・職場の上司として、若い部下をよく理解しているつもりだ

 ⇒若い人の考え方はサッパリ理解できません。理解しているつもりにもなっていないです。ただ、一緒に働くことが多いので、個人個人を見るように努力しています。

 ・恋人・妻に何をプレゼントしたらよいかわからない

 ⇒そもそも女性にプレゼントをするという粋なことをしないので、完全にYesです。プレゼントを贈る気すらないという。。。

 ・不倫なんてけしからん

 ⇒このあたりのエッセイは、とても興味深く読みました。歴史小説を数多く執筆されている塩野氏の豊富な知識からの感想は、ただの目立たない男としてとても参考になりました。できれば、燃えるような不倫の恋をしてみたいと密かに思ってはいますが、相手にされないで終わるのがオチでしょうねw




 54章からなるエッセイ集です。副題で「フツウの男をフツウでない男にするための54章」とありますが、読んでいて、頭が痛くなる話ばかりです。女性がハンドバックを手放せないわけというようなテーマでは、イタリアのムッソリーニの愛人の話が出てきます。パルチザンに捕まったムッソリーニは、家族をスイスに逃がして愛人と人生に幕を引くことになりますが、愛人は殺されることを覚悟のうえでムッソリーニのもとに向かいます。この辺りの心境は想像すらできません^^;むしろ、「君子危うきに近寄らず」とか思ってしまいます。

 やっぱり自分はタダの男だなと思ってしまいます。タダ=無料か?

 。。。

 また、恋愛については、奥さんに命懸けで愛されたいか?というテーマで、他の女性に心を奪われたら後ろから刺される覚悟はあるのか?寄りかかられるくらいでいいのではないか?という、きわめてまっとうな意見が書かれています。恋愛についてなど、深く考えたことがありませんでしたが、確かにそうだなと思ってしまいます。

 心がたんぱくにできている自分に気づかされました。卵は黄身の方がいいですよね。あ、それは卵白か。。。

 とにかく、塩野氏の文章を読んでいると、イタリアに行きたくて仕方なくなってしまいますね^^;

 カール・ルイスの肉体に心を奪われる塩野氏のエピソードなども面白かったです。


 男性には、耳が痛い話ばかりかもしれませんが、女性が男性を見る視点が赤裸々に描かれていて、日々の行動・言動に気を付けなければと思いました。

 人生を変えたい人にはオススメの一冊です。


 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。





〜+4687円、GBP下げトレンドが継続〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190205〜0208の一週間のまとめ


 へっぶしんです。

 相変わらず、プチ繁忙期がきておりまして、明日も早朝だけ仕事いなっています。連休って何?というサービス業なので仕方ないのですが、会社としてきちんと待遇を考えてほしいです。同じことをしても、他社の半分以下の金額しかもらえないというテンションが下がる業務ですw

 さて、今週の一週間分のアイネット証券のループイフダンの決済です。

 +4687円です。

 今年の損益は、「-793,202円」です。

2月4日〜2月8日の1週間の決済まとめ



























 今週は、ずいぶんバタバタと設定をいじったなという印象です。売り設定をいれたり、止めたりとバタバタバタコサンな一週間でした。

 現在は設定を止めています。

 レバレッジは5倍程度になっています。

 そして、ポジションは、

 10-5

 買いポジション5本、売りポジション10本で、売りポジションが膨らんでいます。

2月8日の日足のまとめ






アイネット証券のループイフダンで作成

 売りポジションが膨らんではいますが、設定を止めているので、来週の下げの状況を様子見します。木曜日に下値を更新してから、金曜日に十字の陽線で引けています。チャートの教科書では、売り買いが均衡してトレンドの転換のサインになる可能性があると書かれることが多いですが、GBPの動きのクセとしては、下げトレンドの時は大きめの陰線が出た後に、大きめの陽線が出るとトレンド転換するケースが多いです。逆に、上げトレンドから下げトレンドへの転換の場合は、大きめの陽線が出た翌日に大きめの陰線で引けると、トレンドの転換が起こることが多いです。

 ですから、トレンド転換を見極めるのが難しいです。今のところは、下げトレンドが継続しているという理解でいいのではないでしょうか。

 レバレッジが5倍を越えたので、設定を止めています。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+1685円、GBPは下値を更新〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190207の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 +1685円です。

 今年累計損益は、「-793,202円」です。

20190207決済まとめ











 昨日のGBPは、ヨーロッパ時間に下げて、アメリカ時間で戻しています。下値を更新したところで、いったん戻っていますが、下げのトレンドは継続しています。

 昨夜にまたGBPのS20を1000通貨で5本の設定を追加しましたが、現在は売り設定を止めています。

 現在の設定は、B20を1000通貨ずつで5本です。

 ポジションは、
 GBP 10-5
 (5本の買いポジションと、10本の売りポジション)
 です。

2月7日の日足のまとめ







アイネット証券のループイフダンで作成

 GBPの日足チャートは、陽線の十字を示しました。ただ、下げトレンドは継続しています。

 相変わらず、142円近辺での攻防が続いています。

 GBPの次の上値抵抗線は145.80円あたりにありそうです。
         下値支持線は141円あたりにありそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

〜+2480円、GBPの下げトレンドの継続を確認〜 ループイフダンで1億円を目指す過程20190206の決済のまとめ


 へっぶしんです。

 昨日のアイネット証券のループイフダンの決済のまとめです。

 +2480円です。

 今年累計損益は、「-794,863円」です。

20190206決済まとめ













 昨日のGBPは、早朝のアメリカ時間で大きく下げました。日本時間では若干の戻りを見せましたが、買いが続かずに下げトレンドが継続しています。

 昨夜に追加した、GBPのS20を1000通貨で5本の設定を止めています。

 現在の設定は、B20を1000通貨ずつで5本、S20を1000通貨ずつで5本です。

 ポジションは、
 GBP 6-5
 (5本の買いポジションと、6本の売りポジション)
 です。
2月6日の日足のまとめ








アイネット証券のループイフダンで作成

 GBPの日足チャートは、一昨日の大きな陰線の後に、昨日は小さめの陰線を付けました。まだまだ戻りの動きが弱く、下げトレンドが継続しています。

 希望的観測はよくありませんが、まだまだ大きく崩れる場面が出てくるような気配が漂っています。また、昨日は、142円を割った後に戻しています。当面は、142円を挟んだ攻防が続きそうです。

 とりあえず、142円を切るかどうかといったあたりまでは、売り設定を動かしておきます。

 GBPの次の上値抵抗線は145.80円あたりにありそうです。
         下値支持線は141円あたりにありそうです。

 毎回書かないと怖いので、投資は自己責任でお願いします。私のつたない相場観を信じて損をしましたと訴えられても、大した財産も無いのであなたの財産の保証はできません。単なる参考程度に読んでいただければ幸いです。

 よろしければ、こちらのくりっくをよろしくお願いします。

楽天市場
DMM.com
Profile

akkey08

使っています♪
実は使っています
ブログランキング
人気ブログランキング
くりっくをお願いします
ドメイン取得
〜訪問ありがとうございます〜
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ループイフダン
  • ライブドアブログ